「天の一団とエロヒム」の情報の一部修正

AENA Alpha Enterprise S-AEKO blog 「光の遊星」2015-09-11投稿記事より

たきさんのホームページで投稿された
「天の一団とエロヒム・・・2015年9月9日 2015 年9月のための奇跡的な天のプラン 」

この記事について、何箇所か修正があるようでしたので、わたしから責任を持ってお伝えさせていただきます。
(通常ですと、このような他のメッセージに干渉または修正を加えることは個人的に行わないのですが、今回の情報は、非常に慎重に出された、宇宙的規模の極限状態でのピンポイント設定のため、実現可能を目指して寸分の狂いなく整合性をとるためのものとご了承ください。)

①「このガンマ線バーストは太陽がその生涯の間である 100億年の間に放出する量のガンマ線をたった10秒間に放射します。」

これについては、

瞬時ワープの「10億分の1秒」に秘められた「圧縮された10億年」のさらにその先頭の「10のマイナス21乗(Zept)秒」間に“ウェーブX”のピークが訪れます。
そのとき、真地球のコアであるゼロポイントから、多次元新宇宙全方向へ、放射と反射が起きます。

(解説:このチャネラーの方は、今回の多次元新宇宙・真地球の構造をご存知ないため、「
真地球のコアであるゼロポイント」を「三次元宇宙太陽系の中心」と読み取ったようです。)

②「この極小の粒子は、人間の毛髪の幅の1兆分の1の大きさであっても、あらゆる形 を形成するための重要な基礎になる建築ブロックであり、1秒の1兆分の1の1兆分の1秒間しか存在出来ません。」

ここでいう「1秒の1兆分の1の1兆分の1秒間」とは、10のマイナス26乗に相当しますが、こちらも10のマイナス21乗(Zept)の間違いです。

参照:https://ameblo.jp/platinumraykey/entry-12071286579.html
アイーナ・アルファ エンタープライズ公式HP: https://aenaalpha.com/

参考:
[2015/09/11 10:24:55] アシュター:
このガンマ線の10秒というのは、正確な数字ではありません。あなた(佐恵子)が設定したことに従い、すべての詳細はあなたがつむぎだしています!
それに従い、我々も共同で動いています。
そう、あなたがたが創造している通り、エロヒムのチャネラーの方が情報の繊細さに欠けていることと、太陽の生涯に関する100億年、それから、10秒という数字は、真地球からみた数値ではありません。
なので、ここはあなたの情報を優先させる必要がありますね。
彼女はチームで動いていませんからね。情報がすくないと思います。でも。悪くはないです(笑)
(今回の数値以外で)おおむねあなたの情報と合っていると思いますよ(笑)

(通訳のご協力:山田理恵子さん)

確かに、この情報は、私たちが設定した内容を非常にわかりやすく解説されていると思います。
現象、プロセスを知る上では、とても参考になると思います。
ありがとうございます。

*いま、エロヒムにも野辺さんを通して確認を取っていただいています。
到着次第、追って追記していきます。

S-AEKO

Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください