ÆNA Sphere(アイーナスフィア)とは、ÆNAステラシステム(多次元新宇宙・真内部地球)の“光のロゴス”を象ったものです。
また、それはソース(源)より生まれる真実の地球及び宇宙を創造する“万物の素子”を象ったものでもあります。

ÆNA Sphereを構成するエレメントは、クリスタル球(SIO2)内部に、
①ÆNAステラカーボン原子の構成要素である180面体フラーレン構造とÆNAステラ光子であるハイパーダイヤモンドのC60構造
②光の運動法則であるÆNAマカバ(潜在レベルで90対あるうちの1対を顕在化)
③ゼロポイント(ゼロフィールドとのゲートであり、セントラルアース)
が入っており、多次元真地球の5次元フィールドでの結晶周波数に最も近いものです。

*①のハイパーダイヤモンド(C60)は、炭化ケイ素(SiC、モアッサナイト)の屈折率を適用したことにより、光のエネルギーがよりパワフルになりました。

ÆNA Sphereは、第6感〜第8感でしか認識できない量子レベルのÆNAステラシステム(多次元新宇宙・真内部地球)を第三密度の周波数帯で顕在化した光の生命体です。このÆNA Sphereとご自身の意識を共振・共鳴させることでより光次元の周波数にチューニングすることができます。

ÆNA Sphere φ110ページへ

ÆNA Sphere φ30ページへ