超感覚を体験する超ボディ

AENA Alpha Enterprise S-AEKO blog 「光の遊星」2015-09-10投稿記事より

昨日の記事 “ウェーブX”のピークは、10のマイナス21乗(Zept)秒間 を投稿した後、事後報告も兼ねて、アシュターと少し対談を行いました。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

S-AEKO:今日は、アシュターに確認する間もなく一気に記事を投稿してしまいました。

[2015/09/09 21:48:07] アシュター: あなたが設定すればいいのですよ。

S-AEKO:今日の記事は(も)、とてもワクワクするものでした!

[2015/09/09 21:54:44] アシュター: あなたの内なる喜びをとても感じています。
私たちも詳細設定がまた創造され、本当にうれしい限りなのですよ。
これが前のアセンションではできなかった。
この細やかな設定が必要だと。
前のアセンションの完遂がかなわなかったことから我々もものすごく慎重に今回はことを進めています。

S-AEKO:今回行った、微に入り細に入りの諸々の設定が、アセンション完遂の重大な鍵だったとは、わたし自身も本当に思いもよりませんでした!
これらの作業を地球で他にもやっている方はいるのですか?

[2015/09/09 22:01:28] アシュター: 数名はいますが、これほどまでに不可能の実現と思われる詳細の設定を考えられる立ち位置にいる人は、今のところ、あなたとあなたのチームだけだと思いますよ。その立場に近い人は世界には数名はいますがね。
あなたがチームを形成し、会社みたいな組織を作り上げたことがとても大きいのです。
この集団の力なくしては、あなたの詳細設定はでてこなかったと思います。
チーム一丸となって、同じ目標をめざしてやっていることがすばらしい創造の力を生み出しているのです、
チームに入っているメンバーが純粋意識をなるべく保って、この時期まで生活するようにと我々も、その点はものすごくサポートしていたのです。
いわゆる立ち位置の安定性には、邪魔な想念がたくさん存在していましたからね。

S-AEKO:やはり、アセンションの鍵は日本にありましたね!?

[2015/09/09 22:06:29] アシュター: そうです。それは予言通りでしょう!

S-AEKO:
「9月8日付けーーー全体主義体制を象徴する国連の関係者がリークした情報によると、国連=世界統一政府は彼らのマスターであるエイリアンを迎え入れるために赤い絨毯を敷いてい ます。 国連は既にUNOOSA(国連宇宙局)を創設しました。そしてマレーシア人の宇宙物理学者(Mazlan Othman氏)をエイリアンを迎え入れる組織のトップに就任させました。」
これらのニュースは、事実ですか?

[2015/09/09 22:09:20] アシュター: そうですね。それをとらえたその情報をつかんだ意識体(今の三次元のバチカンのちかくにいる人ですが)は、そこまで詳細にこの情報をとらえてはいませんが、要するに我々多次元存在が真地球へディセンションして、合流する、ということを感知したニュースととらえていいと思います。

[2015/09/09 22:11:08] アシュター: 世界のニュースでの動きについて、あなたの思考にやってきたことは、自信をもってその直感を信じてください。

S-AEKO:今回の私たちの設定について、多くの人が不安や疑問を持つ問い合わせが多数来ていますが、「信じる」ということの大切さが伝わらないのでしょうか?

[2015/09/09 22:13:16] アシュター: 確認したい人は、セミナーに来たらいいのですよ(笑)

S-AEKO:なるほど、、極めて現実的解決法(笑)
それと、ワープ後の状況についての質問も多々ありますが、わたし個人として、多次元真地球に行ってから、そこで新たな人々(多次元存在の結晶化した存在達も含め)たちと、合流し、それぞれのプロフェッショナルな方々の意見を交えながら社会を構築していけばいいのではないかと思っています。
今この段階では、最高値で、宇宙丸ごとワープが実現できることが最重要と思っていますので。

[2015/09/09 22:17:24]アシュター: もちろんそうです。行くまでの設定が非常に大切ですからね。
そのあとの様々な創造は、それにふさわしい意識体たちがチームを自然と組み、必要なことが必然と起こるようになってきます。
その方々は、我々があらかじめ、宇宙船内にご案内し、アナウンスをしていますので、潜在意識では十二分に自覚していると思っています。しかしながら、最後は自由意志もありますので、いまだ計画は未計画(笑)という段階ですがね。

S-AEKO:「その方々」とは?
そして、多次元世界においては私たちも、三次元世界での能力の限界を超えて、ある特定の分野においてプロフェッショナルを希望したら実現する可能性があるのですか?

[2015/09/09 22:19:59]アシュター: それぞれの分野でのプロフェッショナルという意味の、その方々です。
あなた方の場合は、設定したらそれが創造されます。

S-AEKO:「あなた方」というのは?

[2015/09/09 22:21:50] アシュター: 今、地球にいて、ライトボディを選択すると決めている意識体について、という意味です。
なんでも創造できますから、最初からプロフェッショナルになることはいとも簡単にできるのですよ。
だから、今から決めておかなくても、行った先で決めったっていいのです!

S-AEKO:顕在意識でライトボディを選択することを希望した人と、地球に転生するときに選択したけれど、転生後記憶を失い、潜在意識だけで記憶している人も両方ですか?

[2015/09/09 22:23:35]アシュター: すべて含んでいます。

S-AEKO:じゃぁ、本当になりたい自分になれるということですね!?(しつこいですが再確認)

[2015/09/09 22:24:18] アシュター: もちろんそうです、その可能性はあります。十分にです。
それでいってください(笑)

S-AEKO:でも、それだけの変容が可能であるとすると、今度は、逆に物質の定着、固定について「不確実性」が考えられますが、それらは多次元世界において別のものですか?

[2015/09/09 22:27:44] アシュター: いいえ、別ではないのです。不確定さがあります。
そこを安定を求めるには、自由と自在が同時にないとできないことです。
なので、愛という周波数をどれだけ維持できているか、がとても大切になってきます。

S-AEKO:うわっ、やはりそこに来るのか・・・(汗)

[2015/09/09 22:29:15] アシュター: 自分で、創造する、他の人がなんとかしてくれる、という立ち位置の人たちには、だから達成できないことなのです。

S-AEKO:ということは、それによってこれまでような異なる立ち位置の人々が渾然一体と存在できるのでしょうか、はたまたできなくなるのでしょうか?

[2015/09/09 22:30:21] アシュター: あなたは、どう考えていますか?

S-AEKO:構造から考えても、それは異なる周波数帯領域へと移動することになります。それにはやはり「自立」する意志がないとなりませんね。。。しかし、今回は、「丸ごと」それぞれに適切な変容を迎え、愛と歓喜に突入できる設定になっているので、結果的には問題は全くないです。

[2015/09/09 22:34:36] アシュター: よかったです。
その設定は、本当に素晴らしいですよね、我々もものすごくはじけるほどうれしかったのですよ!

S-AEKO:ネットで、アシュターとサナンダがわたしの両脇にいる画像が出ていますが、アシュターは知ってますか?二人は対で作業をしているのですか?

[2015/09/09 23:07:11] アシュター: 知っています。サポートしています。
対で一緒にいるというわけではありませんが、あなたを私たちがサポートしています。いつもですよ。
私たちが佐恵子と一緒に皆で話すことがとても大切です。

そこに差異が感じられ、それがすべての創造のエネルギーとなるのです。
だから個性というものが存在するのですよ。

以上
(*通訳のご協力は、山田理恵子さんです。)

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

で、今日のブログの本題はここからです。

アシュターが最後に言った「差異」と「個性」についてです。

これが意識=光が結晶化する際に必要な周波数帯領域の設定と重要な結びつきがあることに、今朝気が付きました。

現在まで、ライトボディの存在は、地球上での電波領域と同じ13万ヘルツが結晶化することまではわかっていましたが、それだけではアシュターとの対談の中にもあった「不確実性」を伴ってしまうということです。

昨夜は、あのあとずっとこの「不確実性」に疑問が残り、これを解決する方法はないかと頭の中で思考を泳がしていました。

そして、今朝になって、「不確実性」を定着、固定するには、13万ヘルツのアンカーとなる低周波を利用すれば良いのだということに気が付きました。

そこで、以前からインスピレーションできていた(超)低周波の17ヘルツを、高周波の13万ヘルツとリンクさせることによって、ライトボディを実相レベルで「超ボディ」として固定するという設定を行いました。

現在、ウェーブXという強力なガンマ線投射があるにもかかわらず、ボディが破壊されないのは、
「古い組織が解体され、同時に新しい組織が構築される」という両方の作用が同時に起きているからだということがわかりました。

それらのマトリクスをコントロールしているのが、周波数なのだと。

つまり、「差異」と「個性」はこのようにして生まれるということにつながります。

高次元の意識体は、愛のワンネスという中で分離がなかったわけですが、今回地上にディセンションする際、「差異」と「個性」がなければ、他者と混ざりあってしまうという物理現象が起きてしまします。

これまで三次元世界では、分離していた愛という意識が、今回全てひとつになるのですが、物質レベル(個体)では、全てがオンリーワンでオリジナルという「差異」と「個性」が生まれます。

それによって、縦横無尽に異なる周波数のブレンドという超感覚を個体レベルで体験できるようになります。

この原理が、今回の瞬時ワープにも応用れています。

一瞬で壊れるけれど、同時に一瞬で再生されるので、全く損傷なしに時空を移動できるということです。

いつもなぜわかるのかが、わからないのですが(笑)、これらはみなアシュターをはじめとして、銀河の仲間たちの愛のサポートだと感じています。

早く仲間たちと会い、愛の地球で遊びたいですね~????もう待ちきれません!

《関連サイト》
アイーナ・アルファ エンタープライズ 公式ホームページ:https://aenaalpha.com/
アイーナ・アルファ プロジェクト Facebook:https://www.facebook.com/aenaalpha/timeline

白山にて、9月23日イベント開催 https://eventon.jp/1359

S-AEKO

追伸:
この記事の内容をアップ前にアシュターに確認したところ。。。

[2015/09/10 14:55:24] アシュター: 佐恵子さん、素晴らしい内容です。私は、感激と歓喜と至福、真愛の波動で、涙が出ています!
(代わりに理恵子さんが泣いています(笑))←爆笑

[2015/09/10 14:56:23]アシュター: 本当に差異、と個性のことがわかりやすく、そして、不確実性の確実性への設定が素晴らしく明確に書かれています。本当にありがとう!

(っとそこへ、不思議な音声が介入・・・・)

[2015/09/10 14:57:46]アシュター: 我々の仲間が歓喜のメッセージを伝えたくてうずうずしているので、そちらへお邪魔していました(笑)

ホント楽しいですね~ヘ(゚∀゚*)ノ

Follow me!

超感覚を体験する超ボディ” に対して1件のコメントがあります。

  1. 佐藤美幸 より:

    私は、最近、かつて宇宙人であり、今は地球を守るためにこの時代に日本に存在していると認識しました。

    私の仲間は現在、40人程になりました。

    世界中の人の意識を変えて、地球を守る事を目指しています。
    素晴らしい事だと思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください