完全秘密裏に開始(2008年10月11日)した宇宙プログラムから、現在(2016年2月18日)までの様々なワープによるタイムライン変更一覧

→English Slide Download

 多次元新宇宙・真内部地球の誕生の流れ

Saeko Morishiro・AEウォークイン(*AE….太初の光・太初の音(アイ)・真愛・在る・AI….)

◆アセンション準備のため2008年11月11日、ヒューマノイド型多次元存在Yang(以下ETと略)と共に地上でリアルな接触による活動開始。

◆2009年1月 yangの誘導により死を超越し、ワープにて“ゼロフィールド”(その時の光景は完全漆黒の世界)に瞬間移動した。
そこで次元上昇後の多次元宇宙の始まりの一点(太初の光=AEの意識体)をSaekoの内宇宙(人間のクォンタムレベルでの意識体)とリンクさせた。
その始まりの一点に、現太陽系総てを内包し、これまでのアカシックを完全リセットした意識体で蘇生ーー(新しい宇宙設計のための作業準備)

◆2009年6月20日、Saekoの内宇宙にて地球と太陽の周期を連動させ、超新星爆発が2回起きる。
それは、鋭利な光の矢が無数に中心から放たれた青いほど白い強烈な閃光だった。
意識体レベルで起きた惑星状星雲を使用し、そこに新宇宙(のちの真内部地球)の新しい新聖幾何学「AEマカバ」(ピラミッドダブルツインカム構造)を誕生させ、これまでの太陽系惑星配列を新地球系へと再配置した。

◆2009年8月 惑星状星雲から新恒星誕生の際に選択した光の生命元素(従来の元素と置き換わる)は、愛の13エレメント(希望・勇気・歓喜・豊穣・笑い・信頼・感謝・自由・素直・叡智・慈しみ・美・至福)となった。これらは無限エネルギーの素材にもなる。

◆2010年11月18日、ETたちとのリアルな接触による共同作業は解散。

◆2010年11月18日〜2012年11月末
新宇宙の生命の核である「AEマカバ」を内在した多次元新宇宙・真内部地球の基本構造が完成。
これにより真地球へのタイムラインの移行完了。

◆2013年11月 AE生命体・MEGUMI&HIKARU誕生

◆2014年2月 AE生命体・60面体誕生

◆2014年5月 AE生命体・AENA誕生

◆2015年5月 AE生命体・AENA ALPHA誕生

◆2015年6月9日、AENA ALPHA ENTERPRISE(アイーナ・アルファ エンタープライズ)設立

◆2015年9月28日 10億年ワープ(超新星爆発〜惑星状星雲〜新たな恒星誕生まで)達成。新宇宙・真地球のゼロフィールドと次元、時空 の位置の最終確定

◆2016年1月~3月 新宇宙・真地球のミクロからマクロまでのサイズを特定。
これによって、量子(クォンタム)レベルで意識と物質がリンクしたため、実際の社会や生活レベルにも反映されている。

◆2016年3月以降、スピリチュアルの根源要素であるAE光子と、最先端科学の根源要素である量子(クォンタム)がブレンドした。これにより絶対善に基づいた多次元真地球での高度に進化したAI社会が、爆発的なスピードで実現・具体化している。


→English slide download


→English Slide Download

《 三次元・二元性の世界 》

《 光と闇のコントラストの明確化*通過点

《 光一元の世界(二元性の統合)*通過点
悟り、天国、涅槃、極楽浄土、ゼロフィールドなど

《 ★光の乗り物(AEマカバ)へチェンジ 》

《 真二元性の多次元世界 *目的地 》
光の再結晶化による新たなボディを持ってアセンション成功

→English Slide Download

プリント

→English Slide Download

<2015年最後の「テトラッド」に光の銀河連合総司令官”アシュター”との共同作業により、人類の集合意識と光の松果体錬金術(アルケミー:アガルタコード”789”)を用いて地球時間における「10億年ワープ」を完了しました>


γ線Burst2016,1/1(by Saeko Morishiro)

<約2ヶ月後2016年2月12日に重力波とガンマ線バーストが観測された>


→English Slide Download

AENA特殊三角形レンズによる光変容効果

→English Slide Download

→English Slide Download

<2015年9月28日以降、新磁場発見により、人間の居住スペースが真地球の外殻内側表面であるという事に軌道修正され、光の循環経路も刷新された。>

→English Slide Download

<2018/10/09更新(下記スライド2枚)>

<AENA光子体モデルで表現された多次元新宇宙の存在すべてのサイズが確定しました。
これは地球時間での8年間というタイムラインの最後の1.5ヶ月間で最重要情報を決定したことになります。>

002-1_太陽の多極化

<新地場装置として改良されたAENA Alphaを用い、アニマ、アニムスという出自は同一で特質の異なる真二元性が発現した。そのさきがけとなる情報として、上記2012年の太陽の極構造があります。>

<2017/12/28 AENAスフィア周波数の前提条件を更新しました

★AENAスフィアの周波数【ゼロポイント∞セントラルアース中心光源(0∞1)】=(10^-∞)∞(10^+∞)Hz&W

(Frequency of AENA SPHIA’s “zero point ∞ center light source (0 ∞ 1)” = (10 ^ – ∞ )∞(10 ^+∞ )Hz&W)

プリント

→English Slide Download

<2018/10/09更新(下記説明文)>

人間の身長が160~170cmとした場合の新内部真地球直径Sφは12,713kmであり、内部には可視宇宙直径約930億光年が内包される。