AEマカバの運動法則

旧パラダイムの相対性(二元性)が、和合(相殺)されるまでは、二つのピラミッドは互いに向き合う状態で左回転を行う。そして、和合が完成(光一元)したら、そのときマカバは、回転を停止し、超次元領域(ゼロポイントエリア上)に静かに浮かんでいる。ただし、マカバを形取った神聖幾何学を描くレイラインは、対の流れを描きながら無限循環を行っている。

物質と反物質の男女(eng)

→ English version download

進化型シリウス系・多次元真地球は、太陽系全てが恒星に進化したフラクタル構造