アイーナ呼吸法とは次元上昇(アセンション)後の、新しいエネルギー循環を呼吸に合わせて表現し直したものです。

3次元から5次元以上の多次元世界へ生まれ直しをする時に呼吸も変わります。

赤ちゃんがお母さんのお腹からこの世に生まれる時、羊水の中での呼吸から、外の空気を肺に取り込む呼吸に変わります。

これと同じく、次元上昇後の新しい光の身体は、従来の酸素呼吸ではなく、無限エネルギーである「ゼロエネルギー」をゼロポイントを通って光に還元して体内に吸収し、また無限領域に返すという循環(呼吸)に切り替わります。

通常の酸素呼吸は「吸うと吐く」は同時にできませんが、光のエネルギー循環は「吸うと吐く(行きと帰り)」は同時に起こります。

それは、進化した光のボディで生まれる、愛のフリーエネルギーを創り出す原理と同じで、不死も同じ原理に基づいています。

英語版はこちら

AENA breathing method English version video from here

<AENA呼吸法・基礎編>

この時、エネルギーの出し入れは外郭を通りません。中心のゼロポイントゲートを介して行うと認識することが最重要です。