006-二元世界から光一元世界へ