2015年9月28日、人類は前代未聞の大変容を体験する!

8/31(日)開催の★アイーナ・アルファ エンタープライズ主宰トークセッション★
「S-AEKO&光の銀河連合総司令官アシュターによる多次元新宇宙・真地球のこれからを語り合う」
の内容の先行公開情報を一部お知らせいたします。

元記事、S-AEKO blog 光の遊星
https://ameblo.jp/platinumraykey/entry-12057406992.html

今回、アシュターと綿密に相談し、先日7月24日記事「真地球は、真愛で稼働するスーパー人工知能」 、この地球の人間(S-AEKO)が出した記事の内容と
2015年7月30日大天使ミカエルの【重要】前代未聞の宇宙波到来 by 大天使ミカエル 、この二つの記事が、表現の整合性は取れていないが、非常に密接に関係しているとのこと、、、アシュターとさらなる詳細が出たものを、緊急に対談のメインテーマとして起用することと決定しました。

タイトルにも書きましたが、「今年9月28日、人類は前代未聞の大変容を体験する!」という、かなり重要度の高い内容となりそうです。

ここで今日の最新情報のうち、かなり衝撃的な内容がありましたので、それを先にお伝えします。
先日、アシュターから「130,000hz」というヒントだけ出されていました。
それについて、私が去年描いた真地球の周波数帯をウロボロスを使って表現したものに今回の最新情報を加えてみました。

S-AEKO
Q.130,000Hzとは、この絵で言う所のRadio Wavesあたり、つまりラジオの電磁波レベルということですかね?

アシュター:
A.そうだ。そのくらい人体にとっては害のない(衝撃の少ない)レベルの周波数である。

[2015/08/05 21:18:06]
S-AEKO:
Q.インナーの5次元存在が、三次元ボディの外側に現れ出でるとは、ラジオの電磁波レベルの周波数が目に見えるようになるという意味と同じ現象ですか?

アシュター:
A.そうだ。よくそこまでたどり着いたね。
光の周波数に近づくには、その過程を通過する必要がある。
今まで人の肉眼でとらえられなかった、電波、というものが、とらえられる周波数に移行する、ということだ。

しかも、これは、あなた方が、強固に自分を信頼することが最も大切で重要であるということである。
そのためのチームが今ここに結成されているのだよ。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

思い起こせば、2012年12月21日にこれが起きなかった最大の理由は、現時点で出ている詳細設定がほとんどまだ出ていなかったということのようでした!

しかし、今回は、いよいよ臨界点に達した感じです。

真地球の構造の詳細が、明らかになればなるほど、現実化が加速するようで、地球サイドからキャッチする情報と、ミカエルたちから投げかける情報が、人間には未だ超科学的ではありますが、非常に大接近してきており、すでに到達日が2ヶ月を切った今、大変容のための内なる準備が刻々と加速しているのを感じます。

より多くの方に歓びを体験していただきたいと、私たちも銀河の仲間も、気持ちはひとつです。

私たち人間にとって、生命を育む地球環境は非常に重要ですが、しかし、突き詰めると、多くの人々は前代未聞の自身の変容がいかな形で起こるの、とても気になるところです。

今回の次元上昇の創造者たちは、私たち地球の人間たちです。

私たち自身の変容が、創造の大きな原動力にもなっていきます。

これまで、人間の永い歴史において、人間が破壊し、そして神なる存在に進化した人間が再生・創造を果たしていきます。

8月31日の対談では、その9月28日までの具体的プロセスを明らかにしていきたいと思います。

現在出ている、その一部をこちらで記させていただきます。
(通訳は、アイーナ・アルファメンバー 山田理恵子さんです)

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

[2015/07/31 14:48:04]
S-AEKO:
Q.三次元の肉体の上に、5次元のホログラムが重なるということですが、多次元はこれまで自分のインナーにあったものが、肉(三次元ボディ)の外側に出ると、高次元のツイン(もうひとりの自分)が肉体の上にホログラムとして見えるのか?
また、そのホログラムは、いままでの肉体ではない姿が誰の目にも見えるのでしょうか?

アシュター:
A.そうですね。そのとらえ方でよいと思います。S-AEKOさんのとらえているように、インナーにあった多次元の存在が、肉体の外側に現れます。
そして、その5次元のボディが自由自在の見せ方をすることがきるし、その人の魂の状態そのものを表現できる次元となります。
だから、自分の中にあるツインフレームのホログラムが現れることもありますし、それをお互いがわかりあえた瞬間に統合が始まります。
これはこの上ない、至福の瞬間なのです。それを皆が味わうことができます。

[2015/07/31 14:55:43]
S-AEKO:
Q.クリスタルと炭素(ダイヤモンド)のマトリクスについての質問です。
ミカエルはこの記事で「新たなクリスタルマトリックスに変わります。」と書いていますが、私たちの設計(AENA ALPHA)はそれがダイヤモンドになっています。
C60(炭素)に70万気圧で結晶化がはじまる—–これについて、5次元の発達段階では2種類出てくるということでしょうか?

アシュター:
A.ミカエルの情報はとあなたの情報はこのメッセージが下された段階では統合されていなかったようですね。
新規創造は、あなたが主導権を握っていますので、ケイ素を飛び越えて炭素でいけると我々はみています。
ケイ素もダイヤモンドも使えるものは使えばいいという考えですが、あなたがたはダイヤモンドが好きなようですのでそちらがいいと思っています。

S-AEKO:
Q.はい、ダイヤモンドで想定しています。
ウェーブX(21ヘルツガンマ線)にあたると、これらのエゴは自動的に消去されるのですか?

アシュター:
A.そうですね。ある程度は自動的に消し去ることができます。
ただし、根強く残ってしまう人もいます。
それも自由意志ですので仕方のないことです。
しかしながら、その方たちの救済のためにも、あなたがたが創造した38コード*が使えると思っています。
救済、という言葉はふさわしくないですね。
遅れて気づいた人への道を残しておく、という意味です。
宇宙はいつもほかの道も用意していますからね。
なんでもできるようになります。
素晴らしいことです。前代未聞です。(笑)←「前代未聞」という言葉をアシュターは一度使ってみたかったようで、自分で言って自分で笑っていました。

(38コード*については、現在、アイーナ・アルファチームで開発中です。)

[2015/07/31 15:35:00]
S-AEKO:
Q.5次元のホログラムが表に出ると言語形態はどうなるのですか?

アシュター:
A.言語は今まで通り使用できますが、テレパシーですべてが伝わり、言語の重要性が落ちていきます。しかし、他の言語を習得したい人たちは、今まで変わらず、勉強をすると思いますよ。
それもあなたたちが想像すればいいのですよ。
言語の壁はすぐに超えられます。大した問題ではありません。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

まず、今回の次元上昇について、以前の対談でアシュターは、
「再結晶化には、光の振動数そのものになるしかない。」と語っています。

では、「光の振動数そのもの」とは何か?

光の振動数は、「新生地球」、すなわち多次元新宇宙の中心となる真地球の発する周波数です。

この愛の周波数は、これまでの旧パラダイムのホログラムのマトリクスから移動し、新しいホログラムのマトリクスを描き出す重要なものです。

新しいホログラムのマトリクス(ホログラフィ)は、新しいホログラムの原盤(13次元=0)、すなわち、多次元新宇宙の太初における初期値が設定されています。

これが、今回、アイーナ・アルファ エンタープライズが設計した内容です。

この初期値とは、真地球を愛で稼働させる「初期設定」(シンプルかつ普遍的なもの)です。

真地球は、愛(真愛)が生命活動すべてを創造しているので、愛(真愛)以外の周波数を描き出すことはできません。

・旧地球中心核から、宇宙の外側のゼロポイントエネルギーの流入によって、内部気化が始まります。
(AENA呼吸法の原理)この過程で、3次元地球から5次元地球への物質の変容
*このとき非常に高い気圧が発生します。

・旧地球の外皮に宇宙からのウェーブX(21ヘルツガンマ線)により、5次元新ホログラムのマトリクスが洗い出され、浮き彫りになる→新マトリクス=真地球外皮+内部気化の量的高圧力に対して、こちらはミクロの点的高圧力が加わります。

・新マトリクス=真地球外皮に、ホログラムの原盤の情報が、中心から光によって地球の外皮に向かって放射されます。

これにより、これまでインナーに存在していた5次元フィールドが、旧地球(肉)を通過するとき、物質の素性を変容(ダイヤモンドのマトリクス=AEマカバ)させ、外皮、すなわち肉の外側に現れ出でます。

真地球(ライトボディ)に、新しいホログラムの元図をしっかりと記憶・認識・インプットされていれば、内側中心から発する光によって、より鮮明に肉の表面に新しいマトリクスの光を外側に映し出すことが可能になります。

この三次元物質の外側に光の散乱が起きたとき、新たな物質の姿を目にするときが来ます。

またウェーブXは、この光を圧縮・結晶化させる役割も持っています。

こうして、ミカエルの文章中にある「3次元の上に5次元が重なっている」が実現していきます。

自分自身の「3次元の上に5次元」の縦軸のツインの統合、そして、それが完成したら、地上で男女による横軸の統合が起きていきます。

これにより、ボディが愛の生体フリーエネルギー体と進化していきます。

今日は、この辺までの説明で終わりますが、さらにこのマトリクスは、新宇宙全体に様々な光現象を起こし、具体的な生命活動をより多彩にしていく役割も多々持っています。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

お心当たりのある方は、9月28日までに、ご自身の三次元ボディの爪と髪を保存しておいてください。

変容前と変容後のご自身のDNAは、3次元世界での測定おいては一致するはずです。

成功の秘訣は、どこまでご自身を信じるかが「光=意識を結晶化する」鍵になるようです。

(お申し込みはこちらから→イベントン  https://eventon.jp/1232

AENA ALPHA ヘッダ①

S-AEKO

Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください