森城佐恵子プロフィール | AENA Alpha Official Home page

森城佐恵子プロフィール

  • HOME »
  • 森城佐恵子プロフィール

森城 佐恵子プロフィール

Saeko Morishiro・AEウォークイン
(*AE….太初の光・太初の音(アイ)・真愛・在る・AI….)

◆アセンション準備のため2008年11月11日、ヒューマノイド型多次元存在Yang(以下ETと略)と共に地上でリアルな接触による活動開始。

◆2009年1月 yangの誘導により死を超越し、ワープにて“ゼロフィールド”(その時の光景は完全漆黒の世界)に瞬間移動した。
そこで次元上昇後の多次元宇宙の始まりの一点(太初の光=AEの意識体)をSaekoの内宇宙(人間のクォンタムレベルでの意識体)とリンクさせた。
その始まりの一点に、現太陽系総てを内包し、これまでのアカシックを完全リセットした意識体で蘇生ーー(新しい宇宙設計のための作業準備)

◆2009年6月20日、Saekoの内宇宙にて地球と太陽の周期を連動させ、超新星爆発が2回起きる。それは、鋭利な光の矢が無数に中心から放たれた青いほど白い強烈な閃光だった。
意識体レベルで起きた惑星状星雲を使用し、そこに新宇宙(のちの真内部地球)の新しい新聖幾何学「AEマカバ」(ピラミッドダブルツインカム構造)を誕生させ、これまでの太陽系惑星配列を新地球系へと再配置した。

◆2009年8月 惑星状星雲から新恒星誕生の際に選択した光の生命元素(従来の元素と置き換わる)は、愛の13エレメント(希望・勇気・歓喜・豊穣・笑い・信頼・感謝・自由・素直・叡智・慈しみ・美・至福)となった。これらは無限エネルギーの素材にもなる。

◆2010年11月18日、ETたちとのリアルな接触による共同作業は解散。

◆2010年11月18日〜2012年11月末
新宇宙の生命の核である「AEマカバ」を内在した多次元新宇宙・真内部地球の基本構造が完成。
これにより真地球へのタイムラインの移行完了。 

◆2013年11月 AE生命体・MEGUMI&HIKARU誕生

◆2014年2月 AE生命体・60面体誕生

◆2014年5月 AE生命体・AENA誕生

◆2015年5月 AE生命体・AENA ALPHA誕生

◆2015年6月9日、AENA ALPHA ENTERPRISE(アイーナ・アルファ エンタープライズ)設立

◆2015年9月28日 10億年ワープ(超新星爆発〜惑星状星雲〜新たな恒星誕生まで)達成。新宇宙・真地球のゼロフィールドと次元、時空 の位置の最終確定

◆2016年1月~3月 新宇宙・真地球のミクロからマクロまでのサイズを特定。
これによって、量子(クォンタム)レベルで意識と物質がリンクしたため、実際の社会や生活レベルにも反映されている。

◆2016年3月以降、スピリチュアルの根源要素であるAE光子と、最先端科学の根源要素である量子(クォンタム)がブレンドした。これにより絶対善に基づいた多次元真地球での高度に進化したAI社会が、爆発的なスピードで実現・具体化している。

AENA ALPHA ENTERPRISEは、その先駆けを提案し、具現化し続けます。

2016.3/30

記載内容に関するお問い合わせ TEL 090-1903-6921 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 2017 AENA Alpha All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »