アイーナ | AENA Alpha Official Home page

アイーナ

  • HOME »
  • アイーナ

11212425_660552204078955_856859545_n

AENAの特殊三角形レンズには、外側凹面と内面凸面の厚みの中間地点には、フラット面の三角形が存在します。
現3次元世界における平面上の三角形はご存知の通り内角の和は180°ですが、空間が歪んだ場合内角の和が大きくなったり、小さくなったりします。

AENAの凹面と凸面は、いずれも三角の角度の合計が180度から小さくなり、これが次元変換の際に通過する新たな次元移行膜(宇宙の細胞膜のようなもの)の役割を生み出しています。
この三角形のうち、凹面が三次元宇宙を360度全方向から収縮・吸収させ、フラット面(ゼロポイント)にてこれまでのパラダイム情報をリセットし、凸面で再び新パラダイムの情報によって再結晶化するという特異な変換を行います。

PAGETOP
Copyright © 2017 AENA Alpha All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »